手造りパン工房【パオ】

パン工房パオ

パン工房パオ2
「シルクの食感 匠・生ゆばパン」。
石巻駅前の「立町復興ふれあい商店街」の一角にある「手造りパン工房パオ」さんの自信作です。国産大豆から作られた生湯葉生地を50%も練り込み、自家製の天然酵母で、長時間じっくり発酵させてふわふわの食感を作り出します。
大豆を練り込むために合わせて挽いた小麦粉も国産にこだわり、北海道のビート糖・天日干の自然海塩を使い、本当に美味しいものを作るための工夫とこだわりが込められたパンなのです。
「ふわふわ、しっとり感がすごい」「大豆の香りが素晴らしい」「軽やかな食感なのに、お腹に重くない」こんな評判が評判を呼び、2斤で2100円というパンとしては高価なものにも関わらず、パン好きのファンが全国からこのパンを入手するために石巻へやって来ます。
パン工房パオ
パン工房パオ 生ゆばパン
この生ゆばパンは当初は、完全予約生産の形をとっていました。お値段は今と同じで進物やお土産にも適するパンとしてメディアでも取り上げられていたのです。この生ゆばパンの考案者は、箱根の由緒ある高級割烹旅館の総料理長でした。実現に向けて全国のパン職人を訪ね回り、約50年のパン職人の阿部信一さんにたどりついたそうです。
製品化されるまでは多くの試行錯誤があり、
納得の行く美味しさのゆばパンを開発するまでには5年かかったそうです。
苦労の甲斐あって生ゆばパンは高く評価され、安定した生産が出来るようになったため、工房パオの店舗でも販売されるようになっていました。しかし、そこへ起きた震災。パン工房Paoは、店舗とパン工房の両方が津波の被害で全壊してしまいました。
パン工房パオ4
パン工房パオ5
生ゆばパンをはじめ、阿部さんのこだわりパンを作るためのスウェーデン製のパン焼き釜も必要不可欠なものでした。
それも使えなくなり阿部さんは一旦は廃業を考えたそうですが、従業員の皆さんがお金を出し合って新会社を設立しパン焼き釜も震災前と同じ釜を入手することができ、再び生ゆばパンを作れるようになったのです。JR石巻駅前にある「石巻立町復興ふれあい商店街」に入店することができ、生ゆばパンの販売を始めると、ボランティアで訪れた県外の人々が絶賛。
復興ブログなどを通してその評判は復活しました。
しかし、復興ふれあい商店街はプレハブ製の仮設店舗。
2年という限定された期間という、厳しい現実があります。それでも現在の工房パオの代表であり、店長である谷地田けい子さんは笑顔でこう言っています。「お客さんからエネルギーをもらっています。今日という日に感謝。
明日目が覚めればまたその日に感謝です。」なお、この生ゆばパンは午後になると売り切れていることも多いとか。他の天然酵母パンも優しい味わいが評判で元気がないときに食べると元気になるパンです。
シルクの食感 匠・生ゆばパン
「シルクの食感 匠・生ゆばパン」は
国産大豆から作られた生湯葉生地を50%も練り込み、
自家製の天然酵母で、長時間じっくり発酵させて
ふわふわの食感を作り出します。

大豆を練り込むために合わせて挽いた小麦粉も国産にこだわり、
北海道のビート糖・天日干の自然海塩を使い、
本当に美味しいものを作るための
工夫とこだわりが込められたパンです。

パン工房パオ1
美味しさの6つのポイント

①佐賀県産の大豆100%
②愛知県産天然ミネラル塩
③北海道産天然オリゴ糖
④自家製天然酵母
⑤生ゆばパン専用特挽き粉使用
⑥低温長時間熟成(通常のパンの約4倍)

日持ちは製造日より1週間です。
それ以上のときは、お好きな厚さに切り分けてラップなどで包み冷凍していただくことで1ヶ月くらいは解凍後美味しく召し上がることができます。

また、トースターで軽く焼いていただきますと食感が焼く前の時とは違い、さくさくとしたゆばの感触をさらに感じることになり大変美味しく召し上がっていただけます。

パン工房パオ7
原料 小麦粉、オリゴ糖、生ゆば、天然塩、卵、あこ有機培養酵母、バター、豆乳
保存方法 お早めにお召し上がり下さい。開封後は冷蔵庫に保管下さい。
容量 1本(2斤)
配送方法 クロネコヤマト宅配便
送料 パン工房パオ 送料リスト
沖縄その他離島への配送や複数個の注文の場合は配送料が異なる場合がありますので予めご了承下さい。
配送指定可否 お届け日指定:可 / 時間指定:可
ギフトラッピング・のし対応 ギフトラッピング:可
※ご希望の方はご注文時に備考にその旨を記載ください。
支払い方法 銀行振込 / 代引き(現金)
品質には万全を期しておりますが万一品質に不良が発生した場合は本品をご返送下さい。代替品をお送り申し上げます。
手造りパン工房 パオ
住所 宮城県石巻市立町2-6-23
【石巻立町復興ふれあい商店街】No.11
電話番号 0225-96-4770
FAX番号 0225-22-8696
営業時間 10:00~17:00
定休日 第1、第3日曜日